FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本をダメにした10の裁判

自己責任の名の下、「もっとみんなちゃんと考えようよ」、と経済や政治の観点から問いかける本は多いけれど、司法の立場から一般の人に問題提起をするものは少なく、その意味でとても良い本だと思う。

法律家ではない人に向けて、「こりゃあ常識はずれだよな」という裁判例を紹介していて、こんなことに無関心では「法の支配」はダメになりますよ、「法の支配がもたらす個人の幸せ」に国民一人ひとりが責任を持ちましょう、と教えてくれる。

例えば、向井亜紀さんの代理母出産についての判決で、役所の窓口以外誰も幸せにならなかったこと、正社員解雇のハードルを高くしすぎた判決で非正社員が増えて格差社会を呼ぶ一因になってしまったこと、ロッキード事件の最高裁判決に7年半もの時間を使ったことで「最高裁が政治に遠慮している」という構図を作ってしまったこと、など。

また、本書は単なる批判本ではなくて、最高裁裁判官の国民審査の様式変更など、具体的な改善策も提言している。
最高裁裁判官の名前なんて政治家以上に知らないよー。

それにしても、とてもよい本なので、著者名を「チームJ」でなくて、きちんと列挙すれば良いのに。
チームJのメンバーの名前は4名ちゃんと最後に書いてあったけど、何で表に書かないの?最高裁批判の本なので名前だせないのかしらん?


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ruiruirie

Author:ruiruirie
ブログにお立ち寄りいただき
ありがとうございます!
フォトリーディング(のつもり)で
読んだ本のメモをつけています。
春なので模様替えしました。

最近のつぶやき

最近の記事

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。