FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

論理と心理で攻める 人を動かす交渉術

荘司雅彦さんの本を続けて。
ハーバード流交渉術をベースに、著者の工夫と経験とをとてもわかりやすくまとめてあり交渉の基本書として使える。掘り出し物を見つけた気分で嬉しい!

以下のような構成(目次とは少し違う)になっていて、交渉の基本を学べる。
1.交渉の基本
2.ストーリーを使う
3.ゲーム理論を使う
4.クリティカルシンキング(演繹、帰納、ピラミッドストラクチャ)
5.心構え

「ストーリーを使う」というところが気になる。「ハイコンセプト」でもこれから必要な能力の一つに「ストーリー」の力を挙げていた。「アイデアの力」でも記憶に焼きつく(Stickする)コンセプトには必ずストーリー性があるとのことだった。
ストーリー能力をつけることは交渉の上でも大事なのだ。と気づき、ほーっと目からウロコ。

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ruiruirie

Author:ruiruirie
ブログにお立ち寄りいただき
ありがとうございます!
フォトリーディング(のつもり)で
読んだ本のメモをつけています。
春なので模様替えしました。

最近のつぶやき

最近の記事

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。