FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代霊性


 目次
  第一章 霊って何だろう?
  第二章 名前は呪い?
  第三章 シャーマン、霊能者、カウンセラー~民間宗教者のお仕事
  第四章 スピリチュアルブームの正体
  第五章 日本の宗教性はメタ宗教にあり
  第六章 第三期・宗教ブーム~一九七五年起源説
  第七章 靖国問題で考える「政治と宗教」
  第八章 宗教の本質は儀礼にあり
  第九章 宗教とタブー
  質問の時間


内田 樹 (著), 釈 徹宗 (著)
出版社: 講談社 (2010/2/23)

内田先生の邪悪なものの鎮め方に続けて読むにはぴったり!と拝読。神戸女学園での講義録ということで、こんな講義を聞いて単位を取れるなんていいなあ。

「霊性論」というタイトルだけど、アヤシイ話ではなく、内田先生と釈徹宗氏との対談形式の真面目な議論です(そりゃそーだ。大学の授業なんだから)。現代の日本という立ち位置から、宗教の歴史という時間的枠組みを見渡して、政治と宗教、日常生活と宗教、霊的なものの役割などについて教えてくれる。
巻末に「大殺界ってどうでしょう」みたいな楽しいQ&A集つき。

宗教があると様々な事の説明がつきやすく、生活しやすい。信仰するものがあることは生きやすいということだ。かといって、オウムのようなカルト集団にはまってもいけない。釈氏いわく、こういう真面目なカルト集団は、「光が降りてきた」とか「お告げがあった」とかいう神秘体験を大げさにとらえすぎる傾向があるとか。実は、瞑想で幻聴や幻視が起こるのは単なる「生理現象」であって、そこに本質はないとのこと。
そういえば、池谷裕二さんの本でも、脳のある部分を刺激すると幽体離脱が起こるって書いてあった。幽体離脱も生理現象なのね。

釈 徹宗 氏が住職をつとめる如来寺はご近所であることが分かり、今度行ってみようと思ったのでした。このホームページで、住職の特許が紹介されてるのが面白いわ。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
  • from  
  • at 2012.05.08 19:27

Menu

プロフィール

ruiruirie

Author:ruiruirie
ブログにお立ち寄りいただき
ありがとうございます!
フォトリーディング(のつもり)で
読んだ本のメモをつけています。
春なので模様替えしました。

最近のつぶやき

最近の記事

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。