FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“想い”と“頭脳”で稼ぐ 社会起業・実戦ガイド 「20円」で世界をつなぐ仕事


小暮 真久 (著)
出版社: 日本能率協会マネジメントセンター (2009/3/21)

「社会起業家」シリーズでこちらも読んでみた。
タイトルにも「社会起業・実践ガイド」とあるように、単なる苦労話ではなくて、具体的な戦略の立て方をフレームワークで解説していて分かりやすい。NPOはボランティアではなく、きちんとビジネスとして成功させなければならない、という当たり前のことをきちんと説明してくれる。
「テーブル・フォー・ツー」というプログラムは、食堂でヘルシーメニューを選ぶとアフリカの給食1食分の20円を寄付するという仕組みを提供するもの。先進国の飽食と途上国の飢餓を一緒に解決しようというコンセプトがとても感動的だ。このプログラムを推進して世界に広げていこうというのが小暮さんのNPOだ。

目次
第1章 TFTのビジネスモデルと苦難の創業期
第2章 世界最高峰のコンサル会社からNPOへの転身
第3章 社会起業にビジネススキルをいかす
終章 「しくみ」と「想い」が大きなつながりをつくる


私が「社会起業家」に惹かれるのは、「よいこと」をしている人たちだからではなく、毎日会社に行くのが楽しくて仕方がない、という「好きなこと」をしている人たちだからだ。私も結局仕事をして楽しいのはそれが誰かの役に立ったと思える時。だから「世のため人のため」に働く社会起業家は毎日が楽しくて仕方がないのだなあ。とてもうらやましく思ってしまう。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ruiruirie

Author:ruiruirie
ブログにお立ち寄りいただき
ありがとうございます!
フォトリーディング(のつもり)で
読んだ本のメモをつけています。
春なので模様替えしました。

最近のつぶやき

最近の記事

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。