FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疲れすぎて眠れぬ夜のために


内田 樹 (著)
出版社: 角川書店 (2007/9/25)

梅田紀伊国屋の入り口に平積みになっていた本書と目が合いなぜか惹かれて購入。
内田 樹先生のことはぜんぜん知らなかったけど、何とも面白いエッセイ!
フランス文学者で合気道家というところも気に入った。

武道の「形」について語った部分が興味深い。
武道の形稽古は一種の「謎」だという。
「形なんて無意味だ」と思って降りてしまうかどうかが最初のハードル。「武道の形には何か今の自分程度の術技では理解が届かない深い意味があるに違いない」と思えないとこのハードルを飛び越えられない。そして次に、ある種の形がある種の身体部位の微妙な使い方を要求する事に気づき、これが「武術的身体運用」かと「腑に落ちる」経験をする、そしてその次に「形を棄てる」という段階がくるはず。それはまだ内田先生にもわからないという。

私も最近合気道で最初のハードルがあることに気づいた。武道は奥深いなあ。

目次
Ⅰ 心耳を澄ます
Ⅱ 働くことに疲れたら
Ⅲ 身体の感覚を蘇らせる
Ⅳ 「らしく」生きる
Ⅴ 家族を愛するとは

銀色夏生さんが解説を書いていてとてもとても素敵だったので引用。
「森の中をこっちにこっちにこっちにって誘導されて、気がつくといつのまにか自分の足で見晴らしのいいところに立っている。ふんふんふんふんと内田先生の文章を読んでいると、そういうことがよくあります。」
ほんとにそんな感じです。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ruiruirie

Author:ruiruirie
ブログにお立ち寄りいただき
ありがとうございます!
フォトリーディング(のつもり)で
読んだ本のメモをつけています。
春なので模様替えしました。

最近のつぶやき

最近の記事

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。