FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイクロソフトでは出会えなかった天職


ジョン ウッド (著), 矢羽野薫 (翻訳)
出版社: ランダムハウス講談社 (2007/9/21)

もうすっかり1月も終わりですが、今年初めての1冊はこれしかありません。
マイクロソフトのエグゼクティブな地位を捨て、社会起業家となったジョン・ウッドの自伝。
とてもとても感動しました。

目次
第一部 ネパールとの出会い;マイクロソフトとの別れ
 第1章 「あなたはきっと、本を持って帰ってきてくれる」
 第2章 ロウソクの下でアイデアが燃え上がる
 第3章 すぐに帰ってこい!
 第4章 父と息子のすばらしい冒険
 第5章 人生を変える
 第6章 300万人都市で孤独をかみしめる
 第7章 ゲイツ、中国に現る
 第8章 別れのとき
第二部 ゼロからの出発
 第9章 走り出したら止まらない
 第10章 営業のコツー僕はこうしてマイクロソフトに転職した
 第11章 ネパールを越えて
 第12章 ネパールからのはがき
 第13章 すべての起業家に必要なものー優秀な副官
 第14章 9・11
 第15章 NPOのマイクロソフトをめざす
 第16章 ネットワークをつくる
 第17章 恋人なし、持ち家なし、貯金あとわずか
第三部 新しいステージへ
 第18章 少女を学校へ!
 第19章 カンボジアの生徒
 第20章 インドの民主主義
 第21章 ツナミ
 第22章 ルーム・トウ・リードと日本
 第23章 100万冊目の本
エピローグ 人生の次の章へ

何年かぶりの長期休暇を取ってネパールをトレッキングしていたとき、本のない図書館に愕然とし、世界中の友人宛に、「読まなくなった本を送って下さい」と旅先からメールを出したのが始まり。ジョンさんはマイクロソフトの高給と地位と恋人も捨てて、Room to Read を立ち上げた。
「教育を受けられない子供たちが世界に1億人いる。誰かが何かをしなければ!行動を起こさない限り問題は永遠につづくだけだ。」と、行動を起こしたところがすばらしい。そしてNPOの運営をマイクロソフトのマネージャー視点で成功に導いているところが本当にすばらしい。

友人たちから集めた本を初めてネパールに届けたとき、「僕は世界を変えることが出来た」という気持で胸がいっぱいになったという。
私も本書を読んでじーんと感動した。私も少しでも今すぐできることをしよう。
Room to Readに寄付します!行動を起こさなくっちゃ!

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ruiruirie

Author:ruiruirie
ブログにお立ち寄りいただき
ありがとうございます!
フォトリーディング(のつもり)で
読んだ本のメモをつけています。
春なので模様替えしました。

最近のつぶやき

最近の記事

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。