FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語力と英語力

ウチの息子(9歳)が、ベネッセのおためしROMつきDMに影響され、小学生向け英語教材BE-GOをさせてくれ~とうるさい。
私は、早期英語教育については「?」で、「英語は日本語ができてから!」と思ってる。
仕事でちゃんと英語が出来る人は、留学経験などない一生懸命英語を勉強した人が多いから。アメリカ人と会話するのが英語を勉強する目的じゃないんだから、子どものときからしなくてよろしい。
とはいっても、周りの子たちは英会話に通ってるので、もうすぐ小学校で英語が始まった時にウチの子だけわからなくて嫌いになってもなー。

と、いうことで英語教育についての本を何冊か読んでみる。

「英語のできる子どもに育てる―誰でもできるバイリンガル子育て」
自身もバイリンガルである著者が、バイリンガルとして得られるメリットを子どもたちにも与えようと様々な努力や工夫を重ねた方法が記録されている。

バイリンガルのメリットとは、例えば以下の通り。
・英語により情報量が倍増し、視野が広がり自信ができる。
・将来の可能性を地球規模で選べる。
・世界中に友達が出来、人生が豊かになる。
・偏見なくいろいろな価値観を受け入れられ考え方が柔軟になる。

最後の二つはずっと日本で日本語だけで暮らしていると確かにできない。私も高校留学を経験したので、子どもにも異文化体験はして欲しいと思う。
ただちょっと、自分がバイリンガルだったり海外に住んだりという環境がないと本書のような「バイリンガル子育て」はできそうにない。

米国で日本人の子どもたちを教えていた市川力さんも、
「英語を子どもに教えるな (中公新書ラクレ)」で、下手なバイリンガル教育は、害の方が大きいと言う。
本書でも、まずは日本語できちんと話し、主張できる子にすることだと提言している。

で、最近気になる斉藤孝さんのこちらの本にたどり着く。
斉藤兆史さんという東大の先生との対談だ。
英語の前に日本語をきちんと勉強しろ~!というのが基本的なスタンス。
単に今の教育を批判するだけではなく、具体的な勉強方法が提案されている。
例えば、
・質の良いものを音読すること
・大量の単語を覚えること
・基本的な文法をきちんと体得すること
など。

「型」を極めて「技」に高める。
・・・おおっ。合気道と同じだ。基本形をカラダに覚えこませ、反復練習で技に高めるのだ。

スポンサーサイト

*Comment

英語教材 

コメントありがとう!
でも結局BE-GO始めたのよ。ははっ。
はっきり言ってゲームなんだけど、確かに楽しく、ネットでも評判良かったので・・・。
  • posted by ruiruirie 
  • URL 
  • 2009.08/16 05:53分 
  • [編集]

NoTitle 

子供の英語教育は悩むよね!
うちは二人とも習わせてはいるんだけど、必要ないのかなあと思うこともよくあるわ~
留学経験有りのruiruirieさんの意見は説得力有りですv-237
  • posted by TYSK 
  • URL 
  • 2009.08/13 10:02分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ruiruirie

Author:ruiruirie
ブログにお立ち寄りいただき
ありがとうございます!
フォトリーディング(のつもり)で
読んだ本のメモをつけています。
春なので模様替えしました。

最近のつぶやき

最近の記事

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。