FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

描いて売り込め!超ビジュアルシンキング

視覚的にものごとを理解する、というのにとても憧れている私。このブログのタイトルが「フォトリーディング」なのも、視覚的にものごとを理解できたらかっこいいよなーというミーハーな気持からなのだ。
「ビジュアルシンキング」って私にもできるのだろうか。


目次
第Ⅰ部 はじめに 絵を使って問題を解決しよう
 第1章 まったく新しいビジネスのとらえかた
 第2章 なにが問題なのか、どんな絵を描くのか?「わたしたち」は何者なのか?
 第3章 負けるはずのないギャンブル ビジュアルシンキングの4つのステップ
第Ⅱ部 アイデアを発見する
 第4章 まずは見ることから
 第5章 6つの方法で<視る>
 第6章 SQVID:想像力を使うための実践的なレッスン
 第7章 <見せる>ためのフレームワーク
第Ⅲ部 アイデアを発展させる
 第8章 <見せる>こととビジュアルシンキングMBA
 第9章 私たちの顧客は? <誰/なに>の問題を解決する絵
 第10章 どれくらい多くの人が買っているのか? <どれだけの量>の問題を解決する絵
 第11章 わが社のビジネスの行方 絵で<どこ>の問題を解く
 第12章 いつ修正作業を実行できるのか? <いつ>の問題を解決する絵
 第13章 わが社の事業をどのように発展させるのか <どのように>の問題を絵で解決する
 第14章 なぜ、その必要があるのか? <なぜ>の問題を絵で解決する
第Ⅳ章 アイデアを売り込む
 第15章 ビジネスについてわたしが知っている事は、すべてショー・アンド・テルで学んだ
 第16章 結論を描く

本書の「ビジュアルシンキング」とは何であるのか、第16章の最後にシンプルな1枚の絵にまとめられている。300ページを超える内容のエッセンスがこの1枚の絵にぎゅっと詰まっているので驚き。
以下の4つのポイントを押さえれば「ビジュアルシンキング」ができるのだそうだ。
・目、心の目、手の目の3つの目をツールとして使うこと。
・見る→視る→想像する→見せるの4つのステップを踏むこと。
・SQVIDの5つの質問(簡潔か精巧か、質か量か、構想か実現か、個性か比較か、変化か現状か)をすること。
・6つのW(who/what, how much, when, where, how, why)の角度から考えること。

絵の才能がなくてもいいんだ。本書に出てくるかわいい記号的なものなら私にも描けるかも。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ruiruirie

Author:ruiruirie
ブログにお立ち寄りいただき
ありがとうございます!
フォトリーディング(のつもり)で
読んだ本のメモをつけています。
春なので模様替えしました。

最近のつぶやき

最近の記事

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。