FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィンランドの教育力

OECDの学習到達度調査(PISA)で学力世界一になったフィンランド。本書は、日本に滞在中のフィンランドの小学校の先生にインタビューをした内容をまとめたものだ。

第一章 PISAが証明した世界一の学力
第二章 優秀な教師は、こう育てられる
第三章 いかに子どもにわかりやすく、勉強を教えるか
第四章 よくできている現場のサポートシステム
第五章 教師は、マルチ・タレントでなくっちゃ
第六章 日本で暮らして、感じたこと

こう言ってしまうと身も蓋もない感じだが、国として教育をとても重要視していることが一番の違いだなあ。小学校から大学院まで、受領料はすべて無料で、通学交通費や、下宿した場合の受託補助費も支給される。高校まではカフェテリアでのランチも無料で、小中学校は教科書や文房具もすべて支給される。
親の収入の違いで教育格差が生まれるどこかの国はエライ違いだ!!!

また、教師のレベルが高い。小学校の先生も修士の学位が必要で、教師には広い裁量が与えられ、カリキュラムも使う教科書もそれぞれの教師が自分の責任で選ぶのだという。
教師は人気の職業だそうなので、社会的地位も待遇も良いのだろう。

フィンランドでは子どもたちの読み書き能力をとても重要視していて、低学年の国語の授業の割合がとても多い。家庭でも読書の時間が多いという。
家での時間が長い、北欧という国柄もあるのかもしれないが、これは個人レベルでまねできそうだ。

そして、フィンランド語だけでは将来生きていけないので、小学校から第二外国語の授業まである。
これからは今まで以上に英語は必須だよな。そろそろウチの子にも英語をさせるかな・・・。

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ruiruirie

Author:ruiruirie
ブログにお立ち寄りいただき
ありがとうございます!
フォトリーディング(のつもり)で
読んだ本のメモをつけています。
春なので模様替えしました。

最近のつぶやき

最近の記事

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。